top page
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
8/18付け 日経新聞
8/18付け 日経新聞 「子猫殺し 坂東眞砂子」

mixiのコミュから知ったこの記事。
なぜ、日経新聞はこのような記事を載せたのか、
ワタシには全く理解にできない。
そして、この坂東眞砂子という作家の言っていることも、
ワタシには理解できないし、矛盾しか感じない。

猫やワンちゃんの避妊・虚勢に疑問を持つのは理解できる。
だって動物としての本能を人間の都合で奪ってしまうのだから。
本当に残酷な事だと思う。
だけどワタシは、避妊・虚勢はベストな手段であり、飼い主の責任だと思っている。
猫は交尾すると99%の確立で妊娠してしまうから。
責任持ってその命の面倒を見られるなら避妊・虚勢は必要ないと思う。
でも、そうすることが出来ないなら、
最初から命を作らない方法を選ぶべき、とワタシは思っている。

>獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。
>その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。

命を全うすることも動物の本能であり、「生」のはず。
本質的な生を尊重するというのなら、
どうして崖の下に子猫を放り込んで殺すなんて恐ろしいことができるのか?
結局、自分が責任を持てない、面倒見られないことに、
もっともらしい言い訳をしているだけにしか思えない。

>子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。

例え目が見えなくても、耳が聞こえなくても、
できた子には、心がある。
母猫から引き離された子猫は、きっと想像できないくらい怖くて心細かっただろう。
そして、崖の下に放り込まれてものすごく苦しみながら死んでいっただろう・・・。
子種を殺すか、できた子を殺すか・・・その発想が、もう、私には理解できない。

避妊・虚勢は子種を作らないためにすること。
成猫に発情のストレスを与えない為にすること。
本能を奪う残酷なことかもしれないけど、
人と動物が共生していくために必要だとワタシは思う。
この人が言っていることは、
「Hはしたいからする。でも避妊はしたくない。
 子供ができたら・・・おろせば(殺せば)いいじゃん」
そう言っている事と同じ。
あまりにも身勝手で、あまりにも無知。

この作家と日経新聞に、深い不快感と憤りを感じます。
・・・まだ気がおさまらない・・・。

人間は妊娠しても、法律がある以上殺す事ができない。
でも犬や猫は法律がないから(実際にはあり、立派な犯罪です)、生まれたら殺す。

結局、彼女が言ってる事ってそういうことでしょー?
この人、法律がなかったら、
やることやって赤ちゃんは平気で殺しちゃいそう・・・。
「これが人間の“生”だから・・・」って。

でも、そもそも彼女の言う「生」っていうのは、
本来は「種の保存」(子孫を残す)ということを目的とした行為のハズ。
彼女の場合はエロスの追求としか思えず、
人間や動物の本能としての「生」を、
自己中心的な解釈にゆがめてしまっているとしか思えない。
彼女の行為は、本来の意味での「生」を否定し、
全く逆の行為となってしまっている。

本当にオバカで自己中、短絡的な思考回路な人だと思います。

・・・よくこんな人が作家になんてなれたもんだ・・・。

| ++ 猫 ++ | 14:42 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 14:42 | - | - |
読んだよ・・・気分悪い!
この人、自分の文章に酔ってるだけなのかな。
結局何が言いたいのか、よくわからないし。
カミングアウトしたかっただけ?
人はダメで、猫はいいって聞こえる。
日本はダメで、タヒチではいいって聞こえる。
絶対おかしいと思う。とにかくサイテーだ。
| ぴょこ | 2006/08/21 5:06 PM |

日経に限ったことじゃなく、迷走が止まりませんね。最近のマスコミは。
インターネット等の新しい情報インフラが普及して、マスコミの情報操作(演出?)が以前ほどの力を失ってきているからでしょうか。
| 笊そば | 2006/08/21 10:27 PM |

>子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。

板東さんがいうこの言葉。
人間の世界で例えると、
子供を殺した場合は殺人罪になる
子種を殺す、つまりは男が一人エッ◎をして子種を殺すことも、
殺人罪とは大差がないということになるんですかね。

男としてつらい。
あら?話がそれちゃった><
| ヨシタカ | 2006/08/21 11:57 PM |

>ぴょこちゃん
本当に気分悪いよね・・・。
日経新聞にも抗議メールを送るつもりだよー。
余りにも腹が立ちすぎて、
しばらく仕事にも集中できなかったよ!

本文の中の、
「もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。」
という一文にもはぁ〜??って思った。
きっと母猫は「生まれた子供を殺さないで!」とも思ってるハズ。
母猫には、しっかりと強い母性があるからね。
そんな事もわからないような人に、
犬や猫を飼ってもらいたくない!!
この人はワンちゃんも殺したりしてるみたいだし、(過去のコラムに書いてた)
これ以上、可哀相な死に方をさせるために命をつくられたくないよー(>_<)。
でも抗議文を送るくらいしかできない自分がはがゆいっ!!

>笊そばさん
本当に、マスコミの在り方に疑問を感じます。
このコラムに対する抗議のやりとりを、
某サイトでみつけたのですが、
日経新聞側は「坂東さんが書いたことで、当社には関係ありませんー。」てな態度。
おいおい、載せた側には問題ないって、余りにも無責任な・・・。
全く、呆れてしまいます・・・。

>ヨシタカさん

>子種を殺す、つまりは男が一人エッ◎をして子種を殺すことも、
>殺人罪とは大差がないということになるんですかね。

すごい極論がでたなぁ・・・(^^;
板東さん的に言うとそういうことなんでしょうかねぇ?
でも板東さんは、命よりもエロスに重きを置いている人のようなので、
「それはいいよ」って、きっと言ってくれる気がしますー。





| piro | 2006/08/22 12:30 AM |

この作家の言ってることは、まともじゃない。それ以上に「原稿の内容は、筆者の自主性を尊重している
・・」とかコメントしている日経社長室。アキレタ。
| | 2006/08/24 3:12 PM |

>↑↑さん
同じくアキレタです。
日経新聞には抗議文メールを送りました。
公共のメディアに載せる内容に、
もっと責任を持つべきだと思います。

この作家のしていることは、
日本の動物愛護法であれば、
「第27条
愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。」
に当てはまると思うのですが・・・。
日本に住んでいないからとはいえ、
フランス刑法にも反する可能性のある内容を、
「筆者の自主性を尊重している」って・・・。
あまりにも無責任というか、
ここの新聞社の人たちはやっつけ仕事しかしていないようですね。

| piro | 2006/08/25 12:16 AM |










http://lifedays.jugem.cc/trackback/706
リアルに猫を殺す直木賞作家
●ネコ嫌いにはたまらない記事ですね。18日の日経新聞のコラムです。坂東眞砂子とい
| Blog・キネマ文化論 | 2006/08/21 4:28 PM |
坂東眞砂子氏の選択(子猫殺し)
何やら「子猫殺し」で、ネット世界で騒動になっている。発端は作家である(らしい)坂東眞砂子(H8年『 山妣』で直木賞受賞)氏の日経新聞(販売紙面夕刊)に掲載されたエッセイのようだ。これを報じたニュースを21日付livedoorニュースから主要部分を抜粋
| 時評親爺 | 2006/08/23 5:59 PM |
<子猫殺し>直木賞作家・坂東さん
<子猫殺し>直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白  直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)が日本経済新聞に寄せたエッセーで、自身の飼い猫が産んだ子猫を野良猫対策として殺していることを告白し、波紋を広げている。坂東さんはフランス領のタヒチ島在住で、事実な
| ひまわりの独り言 | 2006/08/24 10:15 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
**NEW ENTRIES**
**CATEGORIES**
**RECENT COMMENTS**
**twitter**
**Booklog**
**ARCHIVES**
**RECOMMEND**


**RECENT TRACKBACK**
**piro's LINKS**
**my favorite Blog List**
**PROFILE**
qrcode
**OTHERS**


このページの先頭へ